超新星ラフェオンストッツが前王者アーチュレッタを衝撃の逆転KO!

戦慄の左ハイキック一閃!!

キャリアの中でKO負けが一度もないアーチュレッタを見事にノックアウトで下した超新星のストッツ。

優勝候補最有力候補と言われる勢いそのまま、ベラトールグランプリを制するか!?

目次

卓越したレスリングスキルに加えてこの左ハイキックは驚異!

衝撃的でしたね!

頭部に直撃というよりは〝こめかみ付近を擦る〟ようなハイキック。

かつてミルコクロコップがPRIDE時代に得意としていた蹴りを彷彿させる見事なKO劇でした。

アーチュレッタがああいった形でノックアウトされるなんて、予想できなかったと思いませんか?

卓越したレスリングスキルに加えて〝一撃必殺〟の蹴りまで披露した新星のストッツから目が離せませんよ!

決着まではアーチュレッタが打撃戦でリードするも、一瞬の隙で大逆転!これが世界レベルの強豪ひしめくグランプリ

前王者のプライドと強さを見せたアーチュレッタ

1ラウンド、2ラウンドはパンチ&テイクダウンの攻防でしたね。

フィジカルの強さ、打たれ強さに加え強烈なパンチを持つアーチュレッタは果敢に攻め込み優位に試合を進めていました。

決定的な場面こそなかったものの、テイクダウンも奪い、立ち当たるストッツを何度も金網に押し付けてプレスをかけており、あらためてアーチュレッタの地力の強さが分かります。

テイクダウンディフェンスも冴えており、決着の瞬間までストッツに大きな見せ場を作らせなかった。

ストッツが打撃を返しても全く止まらない、テイクダウンを試みてもディフェンスして金網へ押し込む、強靭なフィジカルとメンタルで試合の主導権を握っていただけに、悔やまれる敗戦でした。

タイトルマッチ『堀口VSペティス』でも起きた一瞬の大逆転

あの試合でも、決着の瞬間までは明らかに堀口選手がリードしていました。

判定までいけば間違いなく勝利でしたが、衝撃的な逆転KO劇となった試合。

ベラトールで立て続けに見た〝逆転劇〟

最後まで何が起きるか分からない格闘技の醍醐味でもあり、最後まで諦めない気持ちの大切さも、我々は学ぶべき姿勢なのだと思います。

暫定王者となったストッツ。グランプリ欠場の正規王者ペティスとの王者対決まで辿り着くことができるか

怪我によりグランプリを欠場している正規王者のセルジオペティス。

今回の試合でストッツ選手は暫定王者となったため、このままグランプリを制することになれば『王者対決』の実現が濃厚になります。

次戦は、レアンドロ・イーゴ VS ダニー・サバテーロの勝者と対戦。

イーゴは2022年4月現在ベラトールの上位ランカー、サバテーロはとても勢いのあるダークホース的存在。

出場選手は全員強豪のため油断はできない相手ですが、順当にいけばレスリングスキルに長けるストッツが勝利する可能性が非常に高い。

反対ブロックから決勝に勝ち進んでくるのは、堀口選手を破った〝寝技王〟パトリックミックスか!?

驚異的なフィニッシュ力を武器に一瞬で極めてます

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

獰猛なファイトスタイルで〝タイガー〟の異名を持つマゴメド・マゴメドフか!?

相手を豪快に投げ飛ばすシーンから獰猛さとフィジカルの強さが分かります。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

個人的にはミックスが勝利して決勝でストッツと戦うと予想しています!

皆様の予想はいかがでしょうか?

フェザー級グランプリもそうでしたが、レベルの高いトーナメントは予想も難しく、とても見ごたえがありますね(^^)/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

1990年代のPRIDE・K-1全盛期からずっと格闘技の大ファンを続けているビジネスマンです!
自身も空手やキックボクシングを経験したこともあり、格闘技から学んだことを仕事に活かしつつ日々奮闘している次第です。
格闘技に関することを楽しく、そして選手へのリスペクトを込めて書いていきたいと思います!

目次
閉じる