青木真也VS秋山成勲|ONE 2022.3.26

青木対秋山

『ずっとお前を殴りたかった』というキャッチコピーには惹かれました♪

青木真也選手と秋山成勲選手の試合が近づいてきましたね!

楽しみにしつつ、個人的に青木選手のスカ勝ちをとても願いつつ(^^)/

桜井マッハ選手が乱入した記者会見もすごく面白くて、盛り上げてくれました。

双方のフラストレーションだったり相手に対する複雑な思いだったり、意地と意地がぶつかり合う好勝負を期待!

目次

青木真也選手有利だと思いつつも不安要素あり

青木真也選手、PRIDEやDREAMを経て今はONEを主戦場にしていますが、正直なところ中量級の選手で彼に勝てる選手は今現時点でも殆ど見当たらない。

RIZINで鬼神の如き強さを見せつけているホベルト・サトシ・ソウザ選手でも多分勝てない。

グラウンド技術が頭一つ二つ抜けているとかそういうレベルではなくて、神のレベルに達しています。

秋山選手も柔道ベースでありグラウンド技術には長けていますが、MMAでのグラウンドという面で判断するのであれば圧倒的に青木選手有利であると言えるでしょう。

実力者揃いであるONEの上位ランカーやチャンピオンクラスからも問題なく1本を取っていますし、青木選手得意の展開に持ち込めばおそらく1本で極める、そんな試合になるでしょうし、期待してしまいます!

青木選手の不安要素としては、一発のある選手を相手にして取りこぼす部分があること。。

打撃が下手とか、スタンドが弱いとかではない。

むしろ、青木選手は距離の取り方含めてスタンドもかなり上手いんです!!

上手いんですが、強烈な一撃を貰ってそのまま意識朦朧状態となり、打撃の嵐でそのまま沈んでしまう場面がいくつかあります。

トップ戦線の中では、打たれ弱い部類に入るといったところでしょう。

(とはいえ、その一撃くらいしか青木選手攻略の糸口がないことは凄いことですが)

青木選手が強烈な打撃に沈んだ試合

  • エドゥアルドフォラヤン戦:強烈な飛び膝蹴りからのパウンド
  • ベンアスクレン戦:試合開始早々にパウンドアウト
  • クリスチャンリー戦:スピードのあるパンチ連打
  • エディアルバレス戦:アッパーでダウンしたところをパウンドアウト
  • 桜井マッハ戦:グラウンドでの膝蹴りからパウンドアウト

逆に表現すると、青木選手が判定負けすることはありません!

(ケージに慣れていない頃、ギルバートメレンデスに敗れた試合くらい)

そして同時に判定勝利も極めて少なく、1本を取り切るか打撃でKOされてしまうかといったところ。

過去に敗戦した選手を分類してみると、

✓ スピードのある連打やバリエーションに富んだ攻撃など、一流の打撃を武器としている
(クリスチャンリー、エディアルバレス、エドゥアルドフォラヤン)

✓ 上記ほど打撃は突出していないものの、フィジカルが強くパワフルな試合を得意としている
(桜井マッハ速人、ベンアスクレン)

という2パターンに分けられます。

秋山選手はフィジカルが強く、かつスピードある打撃も得意としているため、過去にあるような一撃ノックアウトという光景も十分に考えられます。

直近の戦績に注目!青木選手の凄さが分かる

青木選手はここ数年間ずっと、ONEを主戦場にしています。

2022年には39歳になるベテランですが、年齢を重ねての衰えを全く感じさせず、近い階級の日本人では誰も勝てないと思わせてくれるようなパフォーマンスを常に見せてくれます。

直近の3年間での戦績は、驚異の9勝1敗!!

1敗はONE世界ライト級タイトルマッチを争った、クリスチャンリー選手に敗れた試合のみ。

9勝のうち8勝を、短い時間帯でのサブミッションで終わらせており、相変わらずのサブミッションアーティストらしさを見せつけてくれています。

一方の秋山選手、UFCにも参戦経験のあるベテランでありますが、離脱後はしばらく試合から遠ざかっていました。

UFCでの戦績は2勝5敗と負け越しており、ホンモノの実力者相手には良いところなく敗退しています。

  • ジェイク・シールズ(第3代StrikeForce世界ミドル級王者)
  • ビクトー・ベウフォート(第4代UFC世界ライトヘビー級王者)
  • マイケル・ビスピン(第8代UFC世界ミドル級王者)

ONEに移籍後も初戦判定負け、2戦目ではパンチによるKO勝利を挙げたものの、全く衰えることのない青木選手のパフォーマンスと比べると雲泥の差と言わざるを得ないです。

世界の堀口選手の予想はこうだ

堀口選手が見る、青木選手VS秋山選手の試合予想と見どころ

  • 寝技VS打撃、という分かりやすい図式
  • 水抜き禁止ルールのONEで、秋山選手はそもそも体重落とせるの!?
  • 落とした前提で、スタミナとパワーをベストパフォーマンスに戻すのは難しい
  • 秋山選手が勝つとしたら、短期決戦での打撃しかない。一発があるから、良いのが当たれば終わる。
  • 長期戦になればなるほど青木選手有利の試合展開へ進む、後半になるにつれ秋山選手のスタミナ切れでグダグダの展開になるのでは?
  • 青木選手勝利の予想、秋山選手の持ち味である一発のパンチ力も減量によって効果半減、良さを消された状態では明らかに不利であり寝技に仕留められる

水抜き禁止ルールって個人的には良いと思います。

RIZINでも同じルールを適用したら、色々な選手の階級が変更になりそうですが。。笑

堀口選手は結構ラフに予想をしますが、UFCで圧倒的な実績を残し、RIZINとベラトールの2冠王者にも輝いた男の予想は誰が語るよりも参考になるのではないでしょうか。

青木選手ファンとしては、同じ予想で嬉しい限りですが(^^)/

決戦の日が楽しみですね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

1990年代のPRIDE・K-1全盛期からずっと格闘技の大ファンを続けているビジネスマンです!
自身も空手やキックボクシングを経験したこともあり、格闘技から学んだことを仕事に活かしつつ日々奮闘している次第です。
格闘技に関することを楽しく、そして選手へのリスペクトを込めて書いていきたいと思います!

目次
閉じる