斎藤裕は牛久絢太郎にリベンジできるか!?|RIZINフェザー級タイトルマッチ

kick

まさかの組み合わせでした!

フェザー級タイトルマッチ、次の挑戦者は間違いなくクレベルコイケ選手だと思っていました。

ここ最近の連勝、勝利してきた相手のレベルを考えてもタイトルマッチに相応しいし、難なく新王者になるはず。

前王者の斎藤選手に大きなチャンスが訪れましたから、これは応援するしかないです!

前回の試合でもカットによるストップまでは全面的にややリードしていただけに勿体ない試合でしたから、今回は同じミスを犯さないよう注意して試合に臨んでくることでしょう。

目次

打撃戦では斎藤選手がリード

朝倉未来選手との試合でも感じましたが、斎藤選手って結構距離が遠くてリズミカルに動くんですよね。

堀口選手とまではいきませんが、ステップをしつつ踏み込むタイミングを測っているように見えます。

同時に、相手のタイミングを外すことも狙いでしょうか。

左ジャブはとてもスピーディですし、踏み込み速度もあるので外し続けることは容易ではないですね。

加えてパワフルな右ストレートは力みも少なく真っすぐに綺麗な軌道を描きながら飛んでくるため非常に避けづらいパンチ。

要所要所で繰り出す右のミドルキックとローキックの威力と的確性も相当高く、この蹴りがあるからパンチも上手く活きていますね。

競技は異なりますが、元K-1MAX世界王者の魔裟斗さんも〝蹴るからパンチが当たるんです〟とYoutubeで発言していましたし、パンチを当てるために蹴りが重要なことは間違いありませんね。

これまでに完全なKO負けが一度もないという部分から、ディフェンス能力の高さも証明済み。

(前回の牛久戦その①で初めてのTKO負け、額のカットによるレフェリーストップ)

クリーンヒットを貰う場面も少なく、加えて打たれ強さもありますから、打撃戦でも間違いなくフェザー級トップクラスと言えるでしょう。

打・投・極のバランスが極めて高い

本当に実力が高い選手の特徴って何だと思いますか??

賛否両論あるかと思いますが、それは『判定勝ちの多い選手』です。

バンタム級グランプリを制した扇久保選手もそうですが、斎藤選手も同じく〝打・投・極〟のトータルバランスがとても高いため、相手の弱点や試合運びに合わせて戦術を変更することができます。

2人とも、派手な試合展開で相手を倒したり極めるというよりは、完成された試合の組み立ててきっちりと判定勝ちを手にするタイプです。

反則スレスレ(というか完全な反則!)な攻め方をしたきたケラモフ選手相手にもきっちりと判定で勝ち切るあたり、MMAファイターとしての総合力の高さ。

野性味溢れるケラモフ選手に苦しみながらも、スタンド・グラウンドどちらの展開でも大きな見せ場を作ることはさせませんでした。

朝倉未来選手との試合その①では、

  • 打撃戦即タックル
  • 組み付き即離れて打撃、即タックル
  • 打撃戦に応じたと見せかけてテイクダウン
  • テイクダウンを意識させた状態での打撃戦

こうした組み立てが明暗を分けたと見ています。

再戦では惜しくも敗れましたが、試合展開そのものは1回目を沿うような流れでしたので、3度目の対戦が見たいですね。

矢野通パワー注入で完全復活!

Youtubeのコラボ動画で凄い人とコラボしていました!!

新日本プロレスのスーパースター、矢野通さん。

プロレスラーのトップ戦線に20年も居続ける矢野選手には天晴れですし、斎藤選手も質問していましたね。

矢野さん曰く長く続ける秘訣は〝無理をすることはあっても無茶はしないこと〟

相手の攻撃を〝躱す〟のではなく〝受け切る〟という一流プロレスラーの言葉には説得力があります。

見るからに努力家であり、納得できるまで自分を追い込む練習をしているイメージの斎藤選手。

前回の試合間隔も、牛久選手との試合で負ったカットの治り具合、怪我による練習不足、本来のコンディションを作れない、などの〝無茶〟があったのかもしれない。

限界突破するような練習で『無理』を超えつつ、決して無茶はしない。

100%の斎藤裕が、RIZINのリングで再び見られる日は近い!

全局面で上回り判定勝利が濃厚!その後は??

おそらく再戦ではコンディションも整えてくるでしょうし、飛び膝蹴りへの不用意なキャッチも修正してくるはず。

打・投・極のトータルで終始上回り、危ないところなく判定勝利が濃厚かと予想します。

牛久選手を過小評価しているわけではないですし、粘り強さのあるとても良い選手だということは百も承知です。

強さを認めたうえで、斎藤選手が負けるイメージは全く湧かないです。

フェザー級戦線、誰と戦っても勝利する可能性がとても高いベテラン選手が絡んできています。

金原正徳選手

個人的な印象としては、次の対戦相手である摩嶋選手も、サブミッションマスターのクレベル選手も、打撃スキルの極めて高い朝倉選手も、その良さを消してしまう戦い方ができるベテラン選手。

おそらく、金原選手サイドからしても上記の3人は決して戦いづらいタイプじゃないはず。

けど、トータルバランスが高い斎藤選手だけはやりづらい相手になる。

即ち、とても噛み合う!

実現するかは分かりませんが〝斎藤裕VS金原正徳〟というタイトルマッチが組まれる日を楽しみにしています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

1990年代のPRIDE・K-1全盛期からずっと格闘技の大ファンを続けているビジネスマンです!
自身も空手やキックボクシングを経験したこともあり、格闘技から学んだことを仕事に活かしつつ日々奮闘している次第です。
格闘技に関することを楽しく、そして選手へのリスペクトを込めて書いていきたいと思います!

目次
閉じる