堀口恭司選手のベラトールGP初戦が決定|VSパトリック・ミックス

堀口の相手

ベラトールバンタム級グランプリ初戦、堀口恭司選手の対戦相手が決まりましたね。

RIZINとベラトールの対抗戦にも出場した選手なので、知っている人も多いかもしれません。

パトリック・ミックス選手!

かつてはバンタム級四天王の1人と言われ、グラウンドスキルの高さには定評のある元谷選手をあっという間に極めてしまった試合は衝撃でした。

明らかに強い、RIZINバンタム級グランプリ出場選手の誰よりも強いと見ています!

目次

驚異の戦績

2022年3月現在のデータで、16戦15勝1敗。

唯一の敗戦は、バンタム級王者決定戦でのファン・アーチュレッタ戦のみ。(判定0-3)

この試合も序盤のグラウンドでは圧倒していましたし、フィジカルの強いアーチュレッタ選手に対して有利なポジショニングをキープする場面は見事なものでした。

15勝のうち1本勝ちが11試合ですから、驚異的なフィニッシュ力を持っています!

リアネイキドチョーク、ギロチンチョーク、肩固めなど、頭部を狙ったフィニッシュが非常に多く、1ラウンドの早い時間帯で極めている試合が多いです。

(元谷選手も1ラウンド早々に極められました)

瞬発的に極める力には特に気をつける必要があります。

スタンドでの攻防に難ありか

唯一の敗戦であるアーチュレッタ戦では、スタンドでの攻防で劣勢に立たされて判定で敗れました。

打撃の質は違いますが、堀口選手は万能でありながら特にスタンドでの攻防に長けている選手です。

ミックス選手と同じように極めの強い、ダリオン・コールドウェル選手と2戦していますが、堀口選手はしっかりとディフェンスをして得意のスタンドでは優位に試合を進めていましたから、それほど苦手なタイプではないはず。

それに加え、堀口選手の打撃は〝天下無双〟

スパーリングパートナーが〝仮想堀口〟という真似ができないのです!

こういった状況を加味すると、早い時間帯でグラウンドの攻防に持ち込ませない限り、堀口選手が圧倒的に有利です。

スタンドの攻防が多くなればなるほど、堀口選手の初戦突破が見えてくる試合です。

キャリアの差では堀口選手が大きくリード

ミックス選手の16戦に対して、堀口選手は33戦、試合経験という部分で大きな差があります。

それだけでなく、戦ってきた相手のレベルにも開きがあります。

ミックス選手のキャリアにおいて、明らかな実力者と呼べる対戦相手はこのあたり。

  • ファン・アーチュレッタ(現ベラトール1位、元王者)
  • ジェームズ・ギャラガー(現ベラトール7位)
  • 元谷友貴選手(RIZINバンタム級常連選手)

ベラトールの上位陣である、ペティス選手やマゴメドフ選手との対戦はありません。

早期決着を狙ったグラウンドは見事ではありますが、総合的に強い対戦相手になるとアーチュレッタ戦のような展開になることが予想されます。

それでは、堀口選手のキャリアはどうかと言いますと、

  • デメトリアス・ジョンソン選手(元UFC王者であり11度も防衛に成功した怪物)
  • セルジオ・ペティス選手(現ベラトール王者、前回衝撃の逆転KOで堀口選手を撃破)
  • ダリオン・コールドウェル選手(元ベラトール王者、フェザー級転向前)
  • イアン・マッコール選手(元UFCファイター、デメトリアスジョンソンと引き分け
  • 我らのおぎちゃんこと扇久保博正選手(RIZINバンタム級トーナメント優勝)

他にも、元RIZIN王者の朝倉海選手、RIZINバンタム級のトップ戦線にいた石渡伸太郎選手、RIZIN王者獲得後UFCに移籍したマネルケイプ選手など、実力者をことごとく撃破してきています。

トップ選手との試合経験が浅いミックス選手に対し、ストライカーもグラップラーもあらゆるトップどころと戦ってきた堀口選手、そのキャリア差は歴然。

判定で堀口選手が勝つ

ミックス選手は過去に一度もKO負けがないですし、倒しきるのは難しいでしょう。

打たれ強い云々ではなくて、グラウンドでの攻防が強すぎるので、生半可なダウンを取ったくらいでは不用意に深追いできません。

徹底したヒット&アウェイ、打撃スピードの差を活かしてフルラウンド戦い抜き、堀口選手が判定で勝利するでしょう。

深追いしてパウンドで仕留めようとすると、結構危険!

ほんの僅かな隙があれば、ミックス選手は瞬間的に極めにくる。

実力者同士の対決、RIZINでは実現できなレベルの試合から目が離せません!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

1990年代のPRIDE・K-1全盛期からずっと格闘技の大ファンを続けているビジネスマンです!
自身も空手やキックボクシングを経験したこともあり、格闘技から学んだことを仕事に活かしつつ日々奮闘している次第です。
格闘技に関することを楽しく、そして選手へのリスペクトを込めて書いていきたいと思います!

目次
閉じる