首相撲はアリですか?ナシですか?

首相撲
首相撲とは

近年の格闘技と、90年代の格闘技を見比べてみると圧倒的な違いが1つありますね。

それは『首相撲の展開になる時間の長さ』

過去のK-1なんかを見返してみるとこの首相撲での攻防がとても多く、首相撲からの膝蹴りでノックアウトというシーンも数多く見られました。

その一方、現在の格闘技を見ると首相撲の展開はかなり少ないです。(というよりも規制されていますね)

団体によるルールの違いもありますが、首相撲のありなしでは試合の組み立て方も大きく変わりますし、強いと言われる選手も変わるのではないでしょうか。

目次

軽量級~中量級は〝ムエタイ天国〟になる可能性も

首相撲の規制を一切なしにしたら、軽量級~中量級のチャンピオンクラス全員がタイ出身のムエタイ選手、という可能性も大いにあります。

組んでの膝蹴りはムエタイにおいて基本技術ですし、タイの試合を見てもこの展開はかなり多いですよね。

左ミドルを蹴って組み付いて即膝蹴り、なんていう場面はいくらでもありますから。

膝蹴りだけでなく、至近距離での肘攻撃でカットを狙ったり、肘で一撃KOなんてのもありますね。

首相撲での強さを考察してみると、その秘訣って単純なフィジカルを考えるよりも

✔ 体幹がしっかりしていること

✔ 組んだ状態からの崩しが非常に長けていること

✔ 崩しからの攻撃バリエーションが豊富で威力が高いこと

✔ 首相撲展開における経験値の差

こういった部分を忖度なしで考えると、多くの日本人選手とではかなりの差が出てしまうリスクがあります。

日本の団体ですから、当然日本人には活躍してほしいですし、私も強い日本人が活躍してくれるのは嬉しいです。

とはいえ、ルールによってガチガチに規制された状態で、果たして『本当の立ち技最強』と言えるかは疑問も拭えないですから、難しいところですね。

重量級では体格の差がモロに出る試合展開が増える

ヘビー級になると2メートルを超える選手も多く存在します。

例えば元K-1チャンピオンのセーム・シュルト氏、韓国の大巨人と言われたチェ・ホンマン氏、日本での知名度がかなり高いボブ・サップ氏などがいますね。

その一方で、オセアニア地区選手のように、身長は180㎝前後でも筋肉が異常にデカくてパワーがあり、回転の速いパンチを得意とする選手もいます。

小さな選手が大きな選手を派手にKOするのは醍醐味でもありますが、首相撲の規制がゼロになると身長の高い選手のワンサイドゲームになりやすいです。

もちろん、技術面がしっかりと整っているという前提ではありますが。

組んだ状態で少し足を挙げるだけで顔面への有効な膝蹴りを放てる長身選手に対して、身長で大きく劣る選手はどう切り返すのか。

超至近距離でのショートフックだったり、見えにくい角度から飛んでくるアッパーだったり、小さな選手の方が有利という部分もありますので、純粋な強さを求めるのであれば規制なしも楽しみではあります。

とはいえ、どう考えても長身選手が有利になりやすい現実は変わらないです。

どこまで規制するか難しいところではありますが、最強を語る団体であれば個人的にはもう少し首相撲の展開を見たい!

人によっては〝試合がつまらない〟と感じてしまう

首相撲の展開が増えることで考えられるリスクと言いますか、単純な打ち合いよりも試合全体の動きが少なくなりがちです。

※実際には動いているのですが、少なくなるように見えます。選手同士はかなりハイレベルなやり取りをしているので、動きが少なくなっているわけではないです※

お客様に喜んでもらう試合、テレビやネットを通じて多くの人に観てもらう試合はとても大切です。

運営にもお金が沢山かかりますからね、強ければ良いだけではなく、ファンありきのプロ格闘技団体。

そう考えると、誰が見ても分かりやすい試合展開となるようにルールを整備することも正しい。

分かりやすい=ライトな層にも響きますからね。

個人的結論:ルール規制しながらも〝首相撲なし〟はやめてほしい

私の個人的な意見ではありますが、首相撲での展開を完全に規制するのはやめてほしいなーと思います。

✔ ルールを規制して首相撲からのブレイク時間を短くするが、攻撃回数の制限はナシ

✔ 組んだ状態での攻撃回数を制限する

✔ 違反行為に対しての減点や注意を厳格に整備する

有効な攻防にしながらもある程度規制することっていくらでもできると思うんですよね。

あらゆる状況に対応できる強い日本人選手、それこそタイのチャンピオンクラスにも同じルールで引けを取らない選手を見たい!!

RIZINにも出場している吉成名高選手なんて代表的な選手ですよね!

古き良き時代、色々問題もあったので全てが良きかは分からないですけど、90年代~2000年代前半のような格闘技に対する熱量が日本に戻ってくることを心から期待しています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

1990年代のPRIDE・K-1全盛期からずっと格闘技の大ファンを続けているビジネスマンです!
自身も空手やキックボクシングを経験したこともあり、格闘技から学んだことを仕事に活かしつつ日々奮闘している次第です。
格闘技に関することを楽しく、そして選手へのリスペクトを込めて書いていきたいと思います!

コメント

コメントする

目次
閉じる